--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/11 (Mon) 12:00
中国での歯科のかかり方

中国での歯科のかかり方について、これから書いていきます。

(これは書きかけです。)

 患者さんの選ぶ治療スタイル(海外での歯科治療)
①虫歯など悪いところはすべて治す。
②早めに治した方が、コストが少なくすむところを治す。
③痛みや腫れなど、症状が出たところを診てもらう。
④何があっても我慢して、日本に帰るまでがんばる。

まず、
①虫歯など悪いところはすべて治す。

本来はこれが、ベストだと思いますが、海外ですと、
海外旅行損害保険が歯科をカバーしていないことがほとんどです。
(歯科対応の保険ですと保険料がかなり高くなるみたいですね)
しかし、日本で自費(保険外)のゴールドのかぶせ物、
セラミック(白)の歯や、金属を用いた薄い入れ歯などは、
日本より安い金額で作ることができます。

そのため、下の歯に大きな金属が入っていて、白くしたいが、
日本だと金額が高くて気がすすまない方には、おすすめです。


しかし、日本で普通に行われているレジン(歯科用プラスティック)や
保険の銀の金属のかぶせ物、保険の入れ歯などは、日本より
高額になることが多いです。(日本より安いものも一部あります)

会社の保険や国民健康保険を使って、治療費の一部が帰ってきますので、
会社に相談してみることをおすすめします。
会社によっては、一定以上の治療費でないと、だめな場合もあります。
用紙は会社により異なるので、会社に相談してください。

国民健康保険の場合は、市町村で書類をもらうことになりますので、
こちらに来られる前に、書類をもらっておく必要があります。
(知り合いに頼んで送ってもらう方法もありますね。)

(これは書きかけです。)
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ライフ

<< 陵水酒家で冷麺食べました。 | ホーム | ブログを見て来られる方が >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。