--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/15 (Sat) 00:07
実は転職しました

実は転職し今は浦東で働いています。
ここは「元上海市古北新区の歯医者さんのブログ」ということになりますね。

今は新しいブログの制作を考えてます。

PS.先日、上海の歯科関係者との食事会がありました。
   その中で、このブログの存在を知っていた方がおられました。
   とてもびっくり!
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

2007/06/11 (Mon) 12:00
中国での歯科のかかり方

中国での歯科のかかり方について、これから書いていきます。

(これは書きかけです。)

 患者さんの選ぶ治療スタイル(海外での歯科治療)
①虫歯など悪いところはすべて治す。
②早めに治した方が、コストが少なくすむところを治す。
③痛みや腫れなど、症状が出たところを診てもらう。
④何があっても我慢して、日本に帰るまでがんばる。

まず、
①虫歯など悪いところはすべて治す。

本来はこれが、ベストだと思いますが、海外ですと、
海外旅行損害保険が歯科をカバーしていないことがほとんどです。
(歯科対応の保険ですと保険料がかなり高くなるみたいですね)
しかし、日本で自費(保険外)のゴールドのかぶせ物、
セラミック(白)の歯や、金属を用いた薄い入れ歯などは、
日本より安い金額で作ることができます。

そのため、下の歯に大きな金属が入っていて、白くしたいが、
日本だと金額が高くて気がすすまない方には、おすすめです。


しかし、日本で普通に行われているレジン(歯科用プラスティック)や
保険の銀の金属のかぶせ物、保険の入れ歯などは、日本より
高額になることが多いです。(日本より安いものも一部あります)

会社の保険や国民健康保険を使って、治療費の一部が帰ってきますので、
会社に相談してみることをおすすめします。
会社によっては、一定以上の治療費でないと、だめな場合もあります。
用紙は会社により異なるので、会社に相談してください。

国民健康保険の場合は、市町村で書類をもらうことになりますので、
こちらに来られる前に、書類をもらっておく必要があります。
(知り合いに頼んで送ってもらう方法もありますね。)

(これは書きかけです。)

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ライフ

2007/05/11 (Fri) 20:46
日本からの歯医者さんの見学多いです。

海外の歯科医院ってどんな感じなのだろう?
最近、日本の歯医者さんや韓国の歯医者さんの見学が多いです。
外国でどのように治療しているのか興味があるようですね。

色々質問されます。汗

また、古北新区の歯科医院をいくつか見学されているようで、
他の日本人の歯科医師について結構知っていて、
僕が驚くことも・・・。

歯科について保険がどうなっているのか?
(日本の保険でどのように払い戻しできる?)
(海外旅行損害保険は?)

一日に何人、診てるの?

やはり、こういうてんを知りたがっているようですね。


それで、今回は書きますが、
歯科で日本の保険は一部使えます。
というのは、同じ治療を日本でした時に
保険で降りる額に相当する額が日本で請求すると返ってきます。
(説明むずかしいですね)
たとえば、1000円の治療なら
患者さんの負担が3割で、保険の負担が7割だとすると、
患者さんの負担が300円、保険会社の負担が700円となります。

こちらで、日本で1000円かかる治療を行なうと、
上海の歯科医院の窓口では全額を払います。
そして、診断書をもらい、後日日本で請求し700円が戻ってきます。

ただし、日本で認められていない治療にはお金が返ってきません。
こちらでの治療費は、日本より安いものもあるし、高いものもあります。
(全体的には日本より高いです。)
(装着する金属などは日本で使うのより良いものを使います)
(良いものを入れる場合、日本より安くなります。)

また、海外旅行損害保険は歯科に対応でないものが多いです。
歯科対応だと保険料はかなり高くなると思います。
(患者さんが本格的に治療すると、保険会社は赤字でしょう)
それゆえ、歯科治療キャッシュレスというのは、ないようです。

多くの方のために、キャッシュレス対応になると良いですね。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。